機甲科(偵察)

機甲科き章

偵察部隊
軽快な行動と通信・偵察・監視能力を持ち、偵察活動による情報収集と警戒監視を任務とします。

偵察部隊は軽快な運動能力と通信・偵察・監視能力を有し、偵察活動による情報収集と警戒監視を任務とする。
全ての師旅団毎に偵察隊が置かれている。教育部隊としては偵察教導隊及び第1機甲教育隊[1]が置かれている。
偵察部隊の主な装備品は87式偵察警戒車、軽装甲機動車、1/2tトラック、偵察用オートバイ(カワサキKLX250・ホンダXLR250R)、地上レーダ装置、野戦情報探知装置など。雪深い地域の師旅団の偵察隊は軽雪上車なども装備する。また、機甲師団である第7師団隷下の第7偵察隊のみ戦車を装備している。なお、偵察車と名前が付く装備でもNBC偵察車と生物偵察車は機甲科偵察部隊ではなく、化学科部隊が装備する。

出典元 ウィキペディア
※ 出典元 陸上自衛隊HPより引用

機甲科(偵察)のある駐屯地一覧はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です