100枚でも足りない!速乾性のOD色Tシャツは必須品!

100枚持っていても足りないと言われているOD色のTシャツ。
駐屯地のPXなどでも購入は可能だが、速乾性に優れたものを選ぶなら、シャバ(民間)で販売しているTシャツのほうが勝っている。

自分も現役中はたくさん持っていた。
OD色にこだわらず、迷彩柄でも問題ないので両方を併用しても問題ないだろう。

このTシャツの使用用途は説明の必要がない。
しかし、自衛隊についてまだ知識の浅い君のためにも自衛隊マガジンは優しく解説する。

そもそも自衛官たるもの迷彩服を着るのは当たり前だ。
この迷彩服は首元がV字に開いている為に、中のインナーが丸見えになる。

※ 見えないように工夫された超V字型 or U字型のTシャツも存在する。

完品で支給されるTシャツは、オヤジが着るようなステテコ生地風の薄手の肌着。
着るのも見るのも恥ずかしい代物だ。

ということで、若い隊員は必然的にOD色や迷彩柄のTシャツを着用する。

先程も書いた通り、迷彩服を着用すると中のインナーが丸見えになる。
俺らの時代はOD色、もしくは迷彩柄以外のインナーが見えるのはご法度だった。

なので、みんな自然にOD色や迷彩柄のTシャツを選択することになる。
もちろん営内でのラフスタイルにも着回せるから活用度は抜群!

毎日のように着用するので、替えが必要なのは言うまでもない。
営内では洗濯機の数も少ないので、洗濯にも一苦労するからだ。

ちなみにだらしのない奴は洗濯物入れのバケツに放置している。
フタを開けるとカビ臭&汗の腐った匂いがするし、期間が経つとフタを開けなくても異臭を放つ。

※ 自衛隊では未洗濯の洗濯物入れとして、バケツを活用している。
※ ちなみにバケツのポジションはベッドの下だ。

話はそれたが、兎にも角にも実用度が重要なアイテムなので、速乾性や吸水性に優れたものを選んで欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です